為替レートの組み合わせ

為替レートの組み合わせは通貨ペアとも言って、取引を行う通貨の組み合わせの事です。円とドル、円とユーロ、ポンドとユーロなど、取引出来る通貨が多いほど組み合わせも多くなります。

また、FX業者によっては取り扱っていない通貨もありますので、確認が必要です。為替レートの組み合わせで例えば円とドルの組み合わせを表示する場合、1米ドル=100円と表します。

これは1ドル=100円と言う事です。しかし1ドル=95円となった時に5円ほど安くなるとします。この場合は、円高=米ドル安と呼び、円の価値が米ドルに対して高くなったときに呼ばれます。

また、1ドル105円となった場合、円が5円高くなったので円安=米ドル高と呼びます。この場合は先ほどとは逆で、円の価値が米ドルに対して下がった事を意味します。例えば、1ドル=100円を基本とします。

1ドル=95円となった時に円を持っている人は元々100円の品物を95円で購入出来るので5円得します。しかし、商品を売る方は100円儲かるはずが95円しか儲からないので5円損します。

それを国として的を絞ると、円高ドル安になると日本の輸出物が米国では以前より金額が高いと思われます。

反対に円安ドル高の場合は日本の輸出物の金額が安いと思われると言う事で、これは通貨のレートによって価値が変わるという事です。

円安、円高どちらが良いのかは難しい話しではありますが、FXはこの為替レートによって通貨ペアを選択し、取引を行うのです。